学園について

ご挨拶

ヒトと動物が共生する
平和で豊かな社会のために

1967(昭和42)年に創立されたヤマザキ学園は、 創始者山﨑良壽先生によって創設され、日本における動物看護教育のパイオニアとして50年以上にわたり、建学の精神「生命への畏敬」と「職業人としての自立」を基盤に、コンパニオンアニマル(伴侶動物)に対する動物看護・ケアの教育研究に邁進して参りました。「生命(いのち)を生きる」という教育理念は13,000名を超える卒業生に受け継がれ今日に至ります。

本学園は1994(平成6)年、動物看護教育において日本で初めてとなる専修学校の認可を受け以降、高等教育機関として初めての3年制の短期大学、さらに短期大学を改組し、2010(平成22)年には日本で唯一の動物看護学部を擁する4年制の大学を開学いたしました。2019(平成31)年4月には、55年ぶりの新学校種「専門職短期大学」を開学し、3校体制により動物看護分野の教育・研究に邁進しております。

理事長写真

理事長・学長 山﨑 薫

人と動物を取り巻く環境が時代と共に大きく様変わりしていく日本において、2018年5月、(公社)日本獣医師会の支援の下、(一社)日本動物看護職協会に「動物看護師国家資格化推進委員会」が設置されました。私は委員長を拝命し本格的に準備を進め、2019(令和元)年6月21日、創立以来の念願でございました『愛玩動物看護師法』が成立いたしました。創始者生誕100年の記念の年に『愛玩動物看護師法』が成立したことは、動物看護の歴史において新しい幕開けと確信し、ヒトと動物の平和で豊かな社会を築くために、さらなる「動物看護教育」の道を切り開いて参ります。

理事長・学長 山﨑 薫

博士(学術)・動物人間関係学

サンフランシスコ州立大学芸術学部卒業。麻布大学大学院獣医学研究科修了。
1994年ヤマザキ学園2代目理事長に就任。本学園の動物看護教育と活動がアメリカで高く評価され、2010年カリフォルニア州動物看護職協会の名誉会長に就任。2016年には環境省より「動物愛護管理功労者大臣表彰」を受賞。2018年(一社)日本動物看護職協会 動物看護師国家資格化推進委員会 委員長に就任。

大学・専門職短期大学・
専門学校の特色

教育理念

創始者の想い

めざしたのは「技術」だけではない、
生命観や自然観に支えられた「全人格的な教育」

創始者写真

創始者 山﨑 良壽 先生

(1919?1990)

教育理念の中には「生命への尊敬の心をもつ」、「動物愛護を通して自分と社会を見つめる」、「礼節や思いやりを大切にする」という3つの理念が含まれています。1967年12月10日、単なる技術教育だけではない、生命をあずかるものとして必要な生命観や自然観に支えられた全人格的な教育を理念に掲げ、創始者の自宅応接間で世界初「イヌのスペシャリスト養成機関」が誕生しました。

沿革

1966年
昭和41年
渋谷駅前ビルにて、イヌの衣食住を紹介する「犬のリビング展」開催。
1967年
昭和42年
世界初のイヌのスペシャリスト養成機関「シブヤ・スクール・オブ・ドッグ・グルーミング」を開校。
日本動物衛生看護師協会を創立
1971年
昭和46年
「世界犬教育協会(I.D.E.A)」設立
日本赤十字社青年団とともに「災害救助キャンペーン」を実施
1973年
昭和48年
「ワンワンレストラン」オープン
1977年
昭和52年
創立10周年を機に「ヤマザキカレッジ」に校名変更
1983年
昭和58年
「ヤマザキカレッジ付属日本動物看護学院」を日本初の動物看護専攻科として新設
「アニマル・メディカル・センター」「シブヤ・ドッグ・ビューティー」を松涛校舎に併設
1985年
昭和60年
「ヤマザキカレッジ付属日本動物看護学院」を3年制の一貫教育とする
1990年
平成2年
創始者 山﨑良壽逝去
1991年
平成3年
山﨑薫 学長就任
1994年
平成6年
学校法人ヤマザキ学園認可
「専修学校日本動物学院」認可
山﨑薫 理事長就任
1995年
平成7年
「専修学校日本動物学院」開校
2000年
平成12年
「専門学校日本動物学院」に校名変更
第1回 ヤマザキ動物愛護シンポジウム開催(主催:朝日新聞)
2004年
平成16年
「ヤマザキ動物看護短期大学」開学(平成24年3月31日 閉学)
専門学校日本動物学院から「ヤマザキ動物専門学校」に校名変更
第2回 ヤマザキ動物愛護シンポジウム開催(後援:読売新聞 他)
2006年
平成18年
公益社団法人日本動物福祉協会 新東京支部を拝命
2008年
平成20年
第3回 ヤマザキ動物愛護シンポジウム開催(後援:環境省 他)
2009年
平成21年
第4回 ヤマザキ動物愛護シンポジウム開催(後援:環境省 他)
2010年
平成22年
日本初の動物看護学部を有する「ヤマザキ学園大学」開学
第5回 ヤマザキ動物愛護シンポジウム開催(後援:環境省、文部科学省、農林水産省 他)
2011年
平成23年
公開講座「ヒトがイヌと歩くということ」開催
「ドッグ・ウォーキングフェスティバル」開催
2012年
平成24年
第6回 ヤマザキ動物愛護シンポジウム開催(後援:環境省 他)
2016年
平成28年
環境大臣「動物愛護管理功労者表彰」を受賞
2017年
平成29年
創立50周年記念式典・祝賀会開催
第7回 ヤマザキ動物愛護シンポジウム開催(後援:環境省、文部科学省、農林水産省 他)
「ヤマザキ動物看護専門職短期大学」設置認可申請
2018年
平成30年
ヤマザキ学園大学から「ヤマザキ動物看護大学」に校名変更
2019年
平成31年
「ヤマザキ動物看護専門職短期大学」開学

学園ネットワーク

イメージ

就職に結びつく
学園のネットワーク

ヤマザキ学園は日本で最初に動物看護師という職業を確立し、以来50年以上にわたり動物にかかわる
さまざまな組織と太い絆を結んできたため、信頼できる就職先ネットワークを築いています。

学校法人ヤマザキ学園

NET WORK

    • 公益社団法人 日本獣医師会
    • 公益社団法人 東京都獣医師会
    • 公益社団法人 神奈川県獣医師会
    • 公益社団法人 日本動物病院協会
    • 公益財団法人 動物臨床医学研究所
    • 一般社団法人 日本小動物獣医師会
    • 全日本獣医師協同組合
    • カリフォルニア州 動物看護職協会 名誉会長
    • 公益財団法人 日米医学医療交流財団
    • 公益社団法人 東京都獣医師会
    • カリフォルニア大学デイビス校
    • シドニー大学
    • サンフランシスコSPCA(動物虐待防止協会)
    • 日本身体障害者補助犬学会
    • 社会福祉法人 日本介助犬協会 ★
    • 公益財団法人 アイメイト協会 ★
    • 公益財団法人 日本盲導犬協会 ★
    • 社会福祉法人 日本聴導犬協会
    • NPO法人 日本ヒアリングドッグ協会
    • NPO法人 聴導犬育成の会
    • 社会福祉法人 のゆり会
    • NPO法人 日本ペットロス協会
    • 環境省中央環境審議会
    • 公益財団法人 大学セミナーハウス
    • 日本私立大学協会 評議員
    • 公益社団法人東京都専修学校各種学会協会 理事
    • NPO法人 CANBE 理事
    • 東京オリンピック・パラリンピック協議会・準備会
    • 大学コンソーシアム八王子
    • NPO法人 日本動物衛生看護師協会 会長
    • 世界犬教育協会 理事長
    • 日本動物リハビリテーション学会
    • 一般財団法人 動物看護師統一認定機構 理事
    • 一般社団法人 日本動物看護職協会
    • 一般社団法人 日本動物看護職協会
      動物看護師国家資格化推進委員会 委員長
    • 公益社団法人 日本動物福祉協会 新東京支部 ★
    • 公益財団法人 日本動物愛護協会 理事
    • ヒトと動物の関係学会 理事
    • 日本動物看護学会
    • 一般社団法人 日本ペット栄養学会
    • ペット法学会
    • 日本獣医臨床病理学
    • 公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン(WWF) 顧問
    • 一般社団法人 優良家庭犬普及協会 常任理事
    • 公益財団法人 山階鳥類研究所
    • 比較心身症研究会
    • ペット研究会「互」
    • 動物との共生を考える連絡会
    • NPO法人 自然と動物を考える市民会議
    • 一般社団法人 ペットフード協会
    • NPO法人 野生生物保全論研究会
    • 一般財団法人 日本ヘルスケア協会
    • 一般社団法人 日本ヒューマン・ドッグウォーキング協会

山﨑薫理事長の役職の一部を赤色の文字で示しています。★は本学園卒業生の就職実績を示しています。