お知らせ

大学

動物病態生理学研究室の富田幸子教授がSTAR Protoc 2021に学術論文を発表しました

動物病態生理学研究室の富田幸子教授がSTAR Protoc 2021に学術論文を発表しました。

この研究では、先に発表した「Semaphorin3E-PlexinD1 signaling in coronary artery and lymphatic vessel development with clinical implications in myocardial recovery. (査読付き) Kazuaki Maruyama* et al. iScience. 2021 Mar 15;24(4):102305. doi: 10.1016/j.isci.2021.102305.」論文で実施した実験法であるマウス心筋梗塞の作成方法の詳細を述べました。


<概要>

著者名:Kazuaki Maruyama, Kazuaki Naemura, Kenji Yoshihara, Kyoko Imanaka-Yoshida, Hiroki Kurihara, Sachiko Miyagawa-Tomita*.

研究論文名:Surgical protocol for permanent ligation of the left anterior descending coronary artery in mice to generate a model of myocardial infarction.(査読付き)

STAR Protoc 2021. 2(3):100775.


◆富田 幸子(とみた さちこ)

動物病態生理学研究室 教授/医学博士・獣医師
心臓・血管発生などの循環器発生学が専門分野。